画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>ロゴ

お問合せ

業務内容(私達の仕事)

保守管理

月次点検

毎月1回(原則として)、使用中の電気工作物の点検及び測定を実施し、その結果をお知らせしております。

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>月次点検1

・目視検査
・機器の温度測定
・漏洩電流検査

目視検査・聴音検査

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>月次点検2

設備の異常判断の基本です。
目視では接続部分の劣化、コンデンサーの膨張など、事故に結びつきかねない異常を判定します。
聴音検査では、高圧絶縁破壊の前触れと言われるコロナ放電、トランスの唸り音などを判定します。

温度測定

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>月次点検3

トランスの温度測定では、負荷の異常、絶縁の劣化などが判定します。
接触部の温度は、接触抵抗の異常を判定します。

漏洩電流測定

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>月次点検4

負荷の絶縁抵抗が正常なら、漏洩電流は僅かです。
工事ミス、水没、機器故障などが発生すると大きな漏洩電流が発生し危険な状態になります。

年次点検

毎年1回以上(原則として)、停電して点検および測定・試験を実施、その結果をお知らせしております。

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>年次点検1

・接地抵抗測定
・低圧回路絶縁抵抗測定
・高圧回路絶縁抵抗測定
・コロナ放電検査

高圧絶縁抵抗測定

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>年次点検2

高圧機器には常に6,600Vの電圧がかかっています、絶縁抵抗を計測し、絶縁破壊事故を未然に防ぎます。

低圧絶縁抵抗測定

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>年次点検3

分岐回路ごとに絶縁抵抗を測定し、機器の不良、回路の不良、接続された負荷の不良を発見します。
不良箇所が有った場合、末端の回路まで調査し、原因を追求します。

接地抵抗測定

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>年次点検4

感電防止に重要な接地抵抗を測定します。

 

安全装置動作試験

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>年次点検5

お客様の設備で地絡事故や、短絡事故が発生した場合、速やかに電気を遮断するための安全装置が正しく作動するか実際に動作させ確認します。
 

障害対応

障害対応

電気設備の異常・非常災害発生時の応急処置等お客さまの電気設備で緊急事態が発生した際、24時間、迅速に対応いたします。

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>緊急対応

・漏電箇所捜査
停電させないで絶縁不良箇所を発見するためには、分岐回路ごとに漏電電流を計測します。計測には大型のクランプメーターを使用し、3本の線を一度にクランプし測定します。
・停電復旧
突然の停電に対し原因を調査し、復旧に努めます。

電気工事

点検で発見された異常には、速やかにお客様への提案や、改修が行えるよう、社内に電気工事部隊が常駐しています。
異常を放置することによるリスクを最小限に抑えられます。

高圧工事

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>高圧工事

・GR付PAS(地絡継電装置付高圧気中負荷開閉器)設置
・UGS(地中線用負荷開閉器)設置
・高圧幹線ケーブル張替え

低圧工事

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>低圧工事

・照明器具取替え
・コンセント増設
・その他の工事

コンサルタント

新しい設備のあり方、新電力事業者への対応など、経営者、技術者の立場でアドバイスします

画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>コンサルタント

・増設、減設の検討
・新電力の検討
・設備更新の可否

教育

主任技術者免状は持っていても、実務経験がなく保安管理業務に就けない方もいます、教育、指導を行い、管理技術者に養成します。

・保守管理業務の教育
エキスパートの指導の元、保守管理業務を実践します。経済産業省に対する実務経験証明も発行できます。
・高圧電気工事の教育
・低圧電気工事の教育
有資格者に付いて電気工事を実践します。また、資格取得のための教育も行います。