画像:一般社団法人・電気保安法人首都圏電気保安機構<キュービクル(高圧受変電設備)の保安点検業務>ロゴ

お問合せ

一般社団法人・電気保安法人 首都圏電気保安機構概要

ご挨拶

現在、自家用電気工作物の保守管理は、法的な枠組みの中に有り、エネルギーとしての電気負荷も多様化しております。このような状況下において、より高度な技術が要求されるようになってきました。それに応えるためには、主任技術者個人が対応する従来の方法には限界があり、複数の主任技術者で対応する事が最善と考えます。それを実現するために新たな組織を作ることを決意しました。
電気保安・一般社団法人首都圏電気保安機構は、主任技術者と受変電設備のオーナー様を直接結ぶ事を目的としております。
技術者個人が経済産業省に届け出る従来の方法を改め、組織が責任をもって保安管理を行おうとするものです。 
電気工作物のオーナー様は、安心して任せることができ、主任技術者は、個人の責任から開放され、いきいきと働けます。
また、不具合箇所を指摘するだけでなく、改修、改善を具体的に説明、納得していただくことが重要です。費用算出や実際の工事まで当組織内で行い、お客様の負担を軽減します。
主任技術者免状は持っていても、実務経験がなく保安管理業務に就けない方も多くおり、そのような方には教育、指導を行い、立派な技術者に養成することも業務の大きな目的であります。

会社概要

組織ビジョン

三方よし宣言
お客様に安全で明白な保安管理を提供します。
主任技術者が働きやすい環境を実現します。
保安管理を究め、その価値の提供によって広く社会に貢献します。

 

お客様に安全で明確な保安管理を提供します。

長年、キュービクルなど高圧受変電設備の点検業務に携わってきた技術者団体だからできる技能を伝承しボトムアップを図っています。教育・指導・講習会を行って技術者を養成することも大きな目的です。

主任技術者が働きやすい環境を実現します。

協会などに所属した個人の主任技術者との契約といった契約形態でなく、
電気保安法人は組織として責任を持って保安管理を行います。
これにより主任技術者は個人の責任から解放され、また主任技術者のコミュニティを作ることで技術の共有や更新ができ、生き生きと働くことができます。

保安管理を究め、その価値の提供によって広く社会に貢献します。

保安管理と明白なご提案で波及事故や感電事故など
電気に関する事故を未然に防ぎます。
また地域停電や波及事故などの緊急時は24時間365日体制で迅速に対応します。
 

会社名

一般社団法人・電気保安法人 首都圏電気保安機構

代表理事

花島朋子

従業員数

電気主任技術者14名 技術員他、7名(電気工事士等)

所在地

〒171-0043 東京都豊島区要町2-9-12要町ホワイトビル301

TEL

03-5926-3080

FAX

03-5926-9671

事業内容

省エネ化・エネルギーコスト削減コンサルティング
省エネ・省コスト製品・サービスの導入・運用・保守
高圧受変電設備の保安点検
環境・CO2削減コンサルティング
省エネ法・温対法等各種条例対応業務
新電力・再生可能エネルギー導入支援

アクセス

 

お問合せフォーム

弊社に関するお問合せはこちらのフォームよりお願い致します。
なお、回答までに3~4営業日頂戴する場合がございます。あらかじめご了承ください。